下鼻甲介切除術について


下鼻甲介切除術(高周波凝固装置:Celon使用)について(かこうかい せつじょじゅつ)

【適応】 アレルギー性鼻炎・肥厚性鼻炎
【目的】 下鼻甲介を縮小させて、鼻閉感(鼻づまり)を改善します。
     また、アレルギーを起こす粘膜を縮小させることで、アレルギー症状の軽減を図ります。

【手術前に必要な検査】
  ①鼻腔通気検査・・・鼻の空気の通りの検査。
    *術前、術後の鼻の通りがどう変わったかを知るために行います。
  ②術前検査・・・手術の一か月前を目安に行います。
    検査の内容は、心電図、胸部レントゲン、採血です。
    術前検査は、麻酔や手術に対して問題ないかを知るために行います。
    また、血液検査の中には感染症(梅毒・B型肝炎・C型肝炎)の検査も含まれます。

【麻酔について】
  鼻の中から麻酔薬を浸したガーゼを15分以上入れます。
  その後、麻酔のガーゼを抜いてから鼻の粘膜に麻酔薬を直接注射します。

【入院の必要について】
  入院の必要はありません。日帰り手術になります。

【手術方法について】
 :手術時間15分~30分程度
  ①手術に対して問題がないか全身状態の確認をします。
  ②診察台で鼻に麻酔のガーゼを入れます。
  ③麻酔のガーゼを抜き鼻の中の粘膜に、麻酔薬を注射します。
    麻酔のガーゼが効いているため、注射の際の痛みはほとんどありません。
    ただ感覚は残りますので、触っている感覚や、薬を注射する際に押される感覚は残ります。
    しっかり麻酔が効いていることを確認してから、手術を開始します。
  ④Celonという機械を使用し、アレルギーを起こして腫れる粘膜(下鼻甲介)に直接刃先を刺し、
    粘膜を中から焼き縮めていきます。内視鏡(カメラ)を鼻の穴から入れて、
    手術室のTVモニターに鼻内を映して行います。

下鼻甲介切除術術後の注意点

  異常がないかどうか・帰宅しても大丈夫かどうか、30分程度様子を見て確認します。
  異常がなければ、帰宅していただきます。
  粘膜を手術という操作で刺激しているので、一時的に鼻水・鼻づまりが強く出ます。
  個人差はありますが、おおよそ1週間から2週間程度続きます。
  そのため、抗アレルギー剤内服薬および点鼻薬を処方します。
  また、化膿止めとして抗生物質の内服薬も1週間程度処方します。
  少量の出血はありますので、患者様は出血を避けるような生活をしていただきます。

  食べ物は熱いもの・辛いものなど刺激の強いものは最低3日間控えていただきます。
  激しい運動は、最低1週間は避けていただきます。その後は医師の指示に従ってください。
  手術当日のシャワー浴は可能です。 入浴は翌日からにし、長湯は避けてください。
  飲酒・喫煙は医師の指示があるまでできません。
  傷から出血する可能性がありますので、上記以外でも血圧が上がるようなことは避けていただきます。

  手術後の再診は何もなければ1週間から2週間後になります。

監修「やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」について

やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」はJR川崎駅西口下車3分の場所にある医院です。

当院の詳しい診療時間および情報につきましては、「やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」のホームページをご確認ください。

【監修医院紹介】
やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック

 
 月
 火
 水
 木
 金
 土
 日
10~13
 ○ 
 ○ 
 / 
 ○ 
 ○ 
 ○ 
 /
15~19
 ○
 *
 /
 ○
 ○
 /
 / 
受付時間は診療時間の50分前で終了
*毎週火曜日午後は予約手術のみ

*新患随時受付中です。