鼓膜チューブ挿入術について


鼓膜チューブ挿入術(チュービング)(こまく ちゅーぶ そうにゅうじゅつ)

【適応】 難治性の滲出性中耳炎
【目的】 鼓膜の内側に溜まった滲出液(膿や水)がチューブを介して排出します。

【麻酔について】 当院では局所麻酔(15分)で行います。
  恐怖心が強く、当方の指示に従えず、局所麻酔や鼓膜切開が安心に施行できないと判断される
  乳幼児等の患者については、全身麻酔による手術可能な病院へ紹介いたします。
【入院について】 当院では入院の必要はありません。日帰り手術になります。
【手術の方法】 手術時間5~10分程度
  ①鼓膜を切開し、鼓膜の内側に溜まった滲出液を吸引します。
  ②鼓膜にチューブ(内径1.1~1.5mm)を挟み込み終了です。

【手術後の日常生活上の注意】
  基本的には鼓膜切開後の注意事項と同じです。
  触らない、水を入れない等です。
  水泳は耳栓とスイミングキャップの使用により可能ですが、必ず主治医の許可を得てから行って
  ください。

鼓膜チューブ挿入術についてよくあるご質問

  Q1:入れたチューブはどうなりますか?取る手術が必要ですか?
  A1:チューブは自然と耳垢と一緒に脱落します。当院ではあえて外す手術は行いません。

  Q2:チューブはどのくらいの期間、入っているのですか?
  A2:半年くらいですが、個人差があります。数か月で外れてしまうこともあります。
     数年たっても外れずに残っていることもあります。

  Q3:チューブが外れたら、中耳炎は治ったということですか?
  A3:治ったということではありません。チューブが外れたあと、耳の状態を経過観察していきます。
    そのまま中耳炎を起こさなければ再手術の必要はありません。
    しかし経過が思わしくなければ、チューブ挿入の手術を再度お勧めする場合もあります。
    (主治医の判断によります)

  その他、ご質問やご不明な点がございましたら医師、看護師にご相談ください。

監修「やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」について

やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」はJR川崎駅西口下車3分の場所にある医院です。

当院の詳しい診療時間および情報につきましては、「やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」のホームページをご確認ください。

【監修医院紹介】
やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック

 
 月
 火
 水
 木
 金
 土
 日
10~13
 ○ 
 ○ 
 / 
 ○ 
 ○ 
 ○ 
 /
15~19
 ○
 *
 /
 ○
 ○
 /
 / 
受付時間は診療時間の50分前で終了
*毎週火曜日午後は予約手術のみ

*新患随時受付中です。