耳鼻咽喉科領域の日帰りレーザー手術について


鼻のレーザー手術について

【適応】 アレルギー性鼻炎(花粉症含む)・肥厚性鼻炎・血管運動性鼻炎
【目的】 アレルギー反応を起こす鼻の粘膜(下鼻甲介)の表面をレーザーを使用し、やけどをさせます。
     粘膜の表面を焼き、アレルギーを起こす粘膜を減らすようにします。
     つまり『アレルギーを起こす粘膜が減る=症状が減る』ということになります。
     ただし、粘膜の端から端まで全てを焼くことは難しいため、症状が全てよくなるわけでは
     ありません。
     症状が気になるようなら、そのときは薬を併用し対応していきます。

【レーザーの施行時期】
  花粉が本格飛散する前に行いましょう。通年性のアレルギーの方はご相談ください。

【レーザー手術を受けることで、花粉症は治るか?】
  残念ですが治りません。花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、
  体質なので治すことは難しいと思ってください。レーザー手術の効果は約1年です。
  これは、レーザーを焼いてやけどをさせた粘膜が元に戻ってしまうからです。
  人間の体には「ケガをしたら、元に戻そうとする力」が備わっているためです。
  レーザー手術は何度でも出来ますので、毎年行うことも可能です。

【当日の流れ】
①鼻の通りの検査(鼻腔通気度検査)と採血によるアレルギー検査を行います。
  レーザー施術前の鼻の通りをデータで医師が確認します(レーザー施術後は必要であれば
  鼻腔通気度検査を行います)。
②診察台にご案内します。鼻の処置をして、鼻の中に麻酔薬を浸したガーゼを入れます。
③麻酔を効かせるため15分間以上、待合室でお待ちいただきます。
④時間になりましたら、手術室にご案内いたします。
⑤レーザーの光を直接目に受けると危険なため眼鏡をかけていただきます。
⑥ベッドに横になっていただきます。
⑦医師が来たら鼻の中に入れたガーゼを抜き、レーザー手術を始めます。
⑧手術時間は15分程度です。焦げ臭いにおい、触っている感覚は残ります。
⑨問題なければ、診察後お帰りいただきます。

【施術後について】
アレルギーを起こす粘膜を刺激するため、一時的にアレルギー症状を引き起こす形になります。
そのため鼻水、鼻づまりが1週間程度強くなります。これに対しては、内服、点鼻薬を使用します。
2~3日は激しい運動は避けていただきます。飲酒・喫煙に制限があります。

【術後の注意】
手術後は一時的に鼻水が多くなります。
また一週間は、鼻の粘膜が腫れるために鼻づまりが強くなります。

抗アレルギー剤の内服薬と点鼻薬が処方されます。
点鼻薬は、鼻づまりが強いときに使用してください。

治療後2時間位(麻酔がとれるまで)は食事・飲水は避けてください。
2~3日激しい運動は避けてください。

飲酒・喫煙はできる限り(一週間程度)控えてください。
手術後1~2週間で必ず受診して下さい(術後経過観察のため)。

当院の耳鼻科領域日帰りレーザー手術について

【当院のレーザー手術】
 当院では、火曜日午後に予約制でレーザー手術を行っておりますので、
 ご希望の方はお問い合わせください。
 一方、予約枠以外の一般外来にてレーザー手術を希望される方は、
 ご希望の日の診察終了時間の1時間前までに受付をしてください。
 その際、受付でレーザー手術を受けることを必ず伝えてください。

監修「やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」について

やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」はJR川崎駅西口下車3分の場所にある医院です。

当院の詳しい診療時間および情報につきましては、「やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック」のホームページをご確認ください。

【監修医院紹介】
やぎ耳鼻咽喉科・アレルギークリニック

 
 月
 火
 水
 木
 金
 土
 日
10~13
 ○ 
 ○ 
 / 
 ○ 
 ○ 
 ○ 
 /
15~19
 ○
 *
 /
 ○
 ○
 /
 / 
受付時間は診療時間の50分前で終了
*毎週火曜日午後は予約手術のみ

*新患随時受付中です。